FC2ブログ

2018-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トルコのタイルについて★

トルコのタイルによく使われるデザインについて
少し調べたこと纏めてみました
<チューリップ>
トルコの国花。オランダのチューリップが有名ですが、
元はトルコの王族がプレゼントしたのだそうです。
神聖ローマ帝国の大使がウィーンに球根を沢山持ち帰り、
分け与えられた植物学者が更にオランダの植物学者に栽培させ。。。
それが後にチューリップビジネスにまで発展し、
その流通をシステム化するため証券取引のもとを作ったというのは、
とても興味深い話でした。
意味はトルコ人のくちびるとかターバン
どちらもチューリップの形からきているようです。
語源も発音してみると何となくわかりますね
ペルシャの伝説によるとチューリップは
恋人が流した血のしずくから花が咲いたものと
伝えられていて、愛の象徴なのだそうです。
ロマンチック~
<カーネーション>
イスラム教の天国の意味。
偶像崇拝が禁止されているトルコで信仰心の象徴。
ブルーモスクやトプカプ宮殿等沢山使われています。

イズニクタイルは中国の影響を受け、スルタンおかかえの工房で
研究開発され、トルコスタイルへ発展したものです。
16-17世紀、オスマン王朝最盛期に贅の限りを尽くして
華やかに描かれた美しい花々の意味を辿るのも、
そしてその意味を知って絵付けするのも楽しいですね
学生時代、歴史の勉強もこういうアプローチをしていれば、
もっともっと好きになれたかもしれません

レッスンでのご質問がきっかけで調べたのですが、
きっかけを作って下さったSさんに感謝します
スポンサーサイト

* comment *

* comment *


管理者にだけ表示を許可する

ペルシャのタイル★ *TOP* お花見♪

プロフィール

+ウルトラ

Author:+ウルトラ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。